平成17年2月6日、「薬膳料理を楽しむ市民の会」が開かれました。

 今回出品された料理は、四万十薬菜弁当、薬菜鍋などで、どの料理も季節の食材をふんだんに使ったものでした。

 薬菜鍋には長芋や川えびなど23種類もの材料が入り、昆布や椎茸など8種類からだし汁をとるという手の込んだものでした。

 また、滋養強壮に良いと言われる桂皮とクコの薬膳酒、黒砂糖の梅酒、かりん酒、薬菜酒もありました。

会の様子をビデオでご覧いただけます。

※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。

 もどる