11月13日、トンボ王国にてどんぐりあそびが行われました。最初に学遊館でどんぐりの種類やそれぞれの特徴を勉強し、それからトンボ王国の山道でどんぐりを探しました。今年は台風の影響でほとんどのどんぐりは落ちているそうです。子どもたちはしゃがみこんで探しました。
 いろんな種類のどんぐりを見つけ、最後にはもらったビニール袋いっぱいになっている子もいました。

取材・撮影:2004/11/13


 次に、拾ったどんぐりを使っておもちゃを作りました。どんぐりの帽子(殻)をとって穴をあけ、つまよう枝を刺せばコマのできあがりです。形のいいどんぐりほど良く回り、みんなで回っている時間を競い合いました。もうひとつのおもちゃはどんぐり三つを使ってのやじろべえです。同じような大きさ、重さの形を選び、うまくできたやじろべえは上下に動かしてもバランスをとって落ちることはありません。
 この日は秋と思えないほどの暖かい日差しでした。子どもたちは自然を利用しての遊びに夢中になり、太陽が照らしたみんなの楽しそうな笑顔がとても印象的でした。
 当日の写真をご覧ください。
写真1 写真2

 もどる