※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。


中村市長 新年あいさつ  wmvファイル 6.1MB

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さまには、それぞれに新しい年に対する期待や夢をもって、よいお正月を迎えられたことと思います。また旧年中は、各方面でご活躍くださるとともに、市勢の発展にご理解・ご協力をいただき、ありがとうございます。
 おかげ様で、昨年は市にとっての第1の課題でした西土佐村との合併協議に精力的に取り組み、法定協議会委員さんたちのご努力によって44の協定項目すべての協議が完了し、調印が終りました。この後は市議会での承認、県議会での承認・国への通知という手順をとって、4月10日の合併で四万十市が誕生することになります。
 合併によって、10年以内に新庁舎の建設、防災無線の整備、ケーブルテレビの全戸配置、雨天練習場の整備、国道441の早期完成などを推進することができるようになります。
 第2の課題は財政健全化の取り組みです。長期不況と三位一体に名を借りた国の財政危機の地方へのしわよせによって、地方は大変な財政困難に陥りました。毎年7〜9億の財源がたりなくなりますので、大雑把にいって予算の全項目にわたって5〜6%の削減が必要です。これからしばらくは、維持補修を中心とし、歳入を増やす、たとえば観光や交流人口の増加以外の事業は我慢と工夫の時代に入りました。そうした中でも、三歳児医療の無料化、四国西南広域経済の振興、中村小・中の一貫教育の推進、高速交通網の整備などを進めていきます。

中村市長  


中村市議会議長 新年あいさつ  wmvファイル 5.3MB

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さまには大変厳しい社会情勢の中ですが、それぞれ期待や希望に満ちた新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 近年の国の進めている三位一体改革は、地方の実態を踏まえることなく、国の一方的な方針の下に、地方財源を大幅に削減するものであり、地方の自治体にとっては、今後の運営を不可能にしかねないほど、大変厳しいものになっております。
 当市が来るべき分権型社会において自立し、幡多地域の中核都市としてその役割を果たしていくためには、活力ある地域づくり、魅力あるまちづくりを推進することが必要であります。
 市議会でも市町村合併は避けて通れない課題として鋭意取り組んでまいりましたが、四市町村の枠組はくずれ、市民の皆さまには大変ご心配をおかけしております。しかし、西土佐村と中村市との合併協議会を立ち上げて以来、慎重審議をつくし協議項目すべてを議了し調印までこぎつけました。後は議会議決、県、国への申請を経て、四月十日合併を目ざし議会として取り組んでまいります。市民の皆さまの深いご理解を賜りますようお願い申し上
げます。
 私も今年度は全国市議会議長会建設運輸委員長に続き国会対策委員会に席を置かせていただいておりますので、国に対しまして地方の行財政基盤の実情を強く訴え生活基盤の整備推進を強く要望してまいります。
 最後になりましたが今年も市議会に対しまして暖かいご支援を賜りますと同時に市民の皆さまのご多幸をお祈りし、年頭のごあいさつとさせていただきます。

中村市議会議長  


 もどる