演題

シベリアに死した父

母と娘の二人三脚

 

まつしまともこ

松島 トモ子

女優、歌手

 

 

講師プロフィール

人物、特徴 名子役として一世を風靡し、現在は舞台、テレビで活躍のタレント。旧満州奉天生まれ。大東学園高校卒業。ザ・マスターズスクール卒(N.Y)。
長年にわたる芸能生活を振り返り、人々との出会いや感動生きる喜びを語る講演は好評を博す。

職歴、経歴

(受賞歴)

1才のときに母と共に日本に引揚げるも、父はシベリア抑留のまま死去3才からバレエを学びはじめ、4才のときにニュース映画で豆バレリーナー≠ニ報じられたのがきっかけで、映画界入り。以来、人気子役として三益愛子との母ものや、嵐寛寿郎の鞍馬天狗など約80本の映画に主演。また童謡、ポピュラー、歌謡曲のレコードを出すなど歌手としても活躍する。
ミュージカルの勉強のためニューヨークのザ・マスターズスクールに留学。卒業後も歌はアイディ・ミラーに、モダンダンスはマーサー・グラハム・スクールに学ぶなど芸修業を深める。
帰国後は舞台出演をはじめ、英語で司会ができるタレントとして活躍を続けている。なかでも、アフリカでテレビ取材中に、ライオン、ヒョウに襲われた話は有名。障害者との車椅子ダンスの普及に努めている。
指導.内容 終戦による母と娘の厳しい旅路、長年にわたる芸能生活を通した数多くの地域と人たちの交流のすばらしさ、シベリアで無念の死を遂げた父の墓参などその半生を吐露する。
著書 母と娘の旅路」「ニューヨークひとりぼっち」「ともだちの詩」他