広域行政(一部事務組合方式)と比べると
区切り線1
 
 
一部事務組合方式は、救急・消防、ごみ焼却場や斎場の運営などで従来から活用されてきた事務の共同処理方式であり、小規模な市町村が単独で当該事務を行う場合より、大規模でより高度なサービスを提供することが可能となります。
しかし、一部事務組合は、独立した特別地方公共団体として管理部門や議会などをそれぞれの構成市町村とは別に単独で備える必要があることから、ややもすれば住民と行政との距離が遠くなる、あるいは構成団体との連絡調整に相当程度の時間や労力を要するため迅速な意思決定が困難などの問題点も指摘されています。
もしも合併が実現すれば、これら一部事務組合方式で共同処理していた、いくつかの事項は新市内部での直接運営が可能となり、効率的な処理が可能となります。
アイコン4

 

区切り線2

戻る